13th 09 - 2016 | no comment »

銀座カラーのプレミアムファストパスの特徴と料金

プレミアムファストパスとは

プレミアムファストパスとは銀座カラーの全身脱毛コースで、2015年9月より導入されました。
全身脱毛は多くのサロンでは全身を4つのパーツに分けて一度の施術では1パーツのみ、全身1サイクル行うのに4回の施術を伴います。全身脱毛は8サイクルで完了ということが多いので、トータル32回もサロンへ通わなくてはなりません。
しかし、銀座カラーは1度で全身の施術を行うことができるため、8回通うだけで完了するというお手軽さがあります。

札幌のエターナルラビリンスについて

ただし、従来は1度の全身の施術に対して180時間を要し、通う側としても大仕事でした。しかし、プレミアムファストパスが導入されてからは高速脱毛が可能な機種となったため、施術時間は60分と1/3になりました。
また、肌に優しく低刺激に抑えることができるため、従来は3ヶ月空けていた施術と施術の間の期間が、1カ月半に短縮され、完了までこれまでは最低でも2年かかっていた期間が最短1年へと短縮されました。

料金は、8回コース、12回コース、脱毛し放題コースがあり、支払方法で多少変わりますが、月額支払で9900円(税別)です。
一括で支払うと、8回コースが296,600円、12回コースが318,000円、脱毛し放題コースが339,400円です。

脱毛できないのはどんな時?

銀座カラーのプレミアムファストパスは低刺激な最新機器を使用するため、お肌が弱い人でもカウンセリングを受けた上で施術を受けることができる場合があります。
アトピーの人であっても、症状が安定していて医師の許可があれば施術を行っています。
また、生理の時は肌が敏感になるため多くのサロンでは全身の施術を断っていますが、銀座カラーではVIOゾーン(ビキニライン)以外の施術は受けることができます。
VIOゾーンが不可なのはお肌がデリケートな部分であるということと、生理中に施術をしても効果が半減してしまうためです。

ただし、妊娠中、糖尿病、てんかん、色素沈着箇所、タトゥー箇所、アートメイク箇所、整形手術箇所、など脱毛を行えない条件もあるので、しっかりとカウンセリングで自己申告を行うことが大切です。
また、脱毛当日とお手入れ後1週間はプールや温泉、岩盤浴などの利用はできないので、予定を加味して予約を入れることも重要となります。

施術を行えない条件については公式HPのQ&Aに詳しく明記されているので、自分が条件に当てはまるか否かを手軽に見極めることができます。

生理中の施術はできるだけ避けるべき

生理中の脱毛に関して、VIO以外なら自己責任で可というサロンも中にはありますが、多くのサロンが全身どの部位も不可としています。銀座カラーはどうなのかというと、ホームページにはビキニライン周辺以外なら施術可能の記載があります。ただ、少しでも肌が敏感になっていると感じるなら、部位はどこであれ脱毛は避けるべきとも明記されています。つまり可能ではあるけれど、積極的に勧めることはないわけです。そのためよほど肌の強さに自信がない限り、この期間の施術はどの部位であっても避けるべきです。
というのはこの期間はホルモンのバランスで肌が敏感になっているからです。ただでさえ肌がデリケートなのにそこに光を照射することで、毛母細胞だけでなく肌自身もダメージを強く受ける可能性があるので控えた方がいいのです。
生理中はもちろん、体調不良の時も同じくやめた方がいいでしょう。例えば風邪をひいた場合、咳や鼻水、高熱などばかりに注目がいって肌の調子まで気持ちが行かない方が多いでしょうが、これだけ調子が悪いのですから肌も敏感になっています。咳が出るだけだから肌は大丈夫と思わずに、体調不良の時の施術は避けた方がいいでしょう。

当日キャンセルの場合の対応は?

どうしても予約当日にキャンセルしないといけない場合、銀座カラーではどういった対応なのでしょうか。
当日キャンセルの場合、施術1回分消化、月額制など回数制のコース以外は2千円のキャンセル料金が発生してしまうのです。1回分消化ならいいかと思われるかもしれません。でもちょっと考えてください。全身脱毛のコースなどは総額を回数で割ってみればお分かりでしょうが、1回あたり1万円ほどになるはずです。つまり1回分消化とは1万円の罰金に等しいわけなので、かなりのペナルティとなるわけです。そう考えると銀座カラーのキャンセルに対する対応はかなり厳しいことになります。予約当日にどうしても外せない予約が入ったとか、生理になってしまった場合は仕方ないですが、前日までにキャンセルがわかった場合は大丈夫です。前日夜7時までの連絡で1回分消化やキャンセル料などのペナルティは発生しません。キャンセルや変更などはわかって時点で連絡を入れるのが社会人としての常識ですし、前日夜7時まで連絡でペナルティはないのですから、急な予定が入ったら、前日の夜7時までに連絡を入れるといいでしょう。

プレミアムファストパスとは

プレミアムファストパスとは銀座カラーの全身脱毛コースで、2015年9月より導入されました。

全身脱毛は多くのサロンでは全身を4つのパーツに分けて一度の施術では1パーツのみ、全身1サイクル行うのに4回の施術を伴います。

全身脱毛は8サイクルで完了ということが多いので、トータル32回もサロンへ通わなくてはなりません。

しかし、銀座カラーは1度で全身の施術を行うことができるため、8回通うだけで完了するというお手軽さがあります。

ただし、従来は1度の全身の施術に対して180時間を要し、通う側としても大仕事でした。

しかし、プレミアムファストパスが導入されてからは高速脱毛が可能な機種となったため、施術時間は60分と1/3になりました。

また、肌に優しく低刺激に抑えることができるため、従来は3ヶ月空けていた施術と施術の間の期間が、1カ月半に短縮され、完了までこれまでは最低でも2年かかっていた期間が最短1年へと短縮されました。

料金は、8回コース、12回コース、脱毛し放題コースがあり、支払方法で多少変わりますが、月額支払で9900円(税別)です。

一括で支払うと、8回コースが296,600円、12回コースが318,000円、脱毛し放題コースが339,400円です。

脱毛できないのはどんな時?

銀座カラーのプレミアムファストパスは低刺激な最新機器を使用するため、お肌が弱い人でもカウンセリングを受けた上で施術を受けることができる場合があります。

アトピーの人であっても、症状が安定していて医師の許可があれば施術を行っています。

銀座カラーの部位が選べる脱毛と丁寧なカウンセリング

また、生理の時は肌が敏感になるため多くのサロンでは全身の施術を断っていますが、銀座カラーではVIOゾーン(ビキニライン)以外の施術は受けることができます。

VIOゾーンが不可なのはお肌がデリケートな部分であるということと、生理中に施術をしても効果が半減してしまうためです。

ただし、妊娠中、糖尿病、てんかん、色素沈着箇所、タトゥー箇所、アートメイク箇所、整形手術箇所、など脱毛を行えない条件もあるので、しっかりとカウンセリングで自己申告を行うことが大切です。

また、脱毛当日とお手入れ後1週間はプールや温泉、岩盤浴などの利用はできないので、予定を加味して予約を入れることも重要となります。

シースリー高崎店は通う頻度が多くなっても安心です

施術を行えない条件については公式HPのQ&Aに詳しく明記されているので、自分が条件に当てはまるか否かを手軽に見極めることができます。

生理中の施術はできるだけ避けるべき

生理中の脱毛に関して、VIO以外なら自己責任で可というサロンも中にはありますが、多くのサロンが全身どの部位も不可としています。

銀座カラーはどうなのかというと、ホームページにはビキニライン周辺以外なら施術可能の記載があります。

ただ、少しでも肌が敏感になっていると感じるなら、部位はどこであれ脱毛は避けるべきとも明記されています。

つまり可能ではあるけれど、積極的に勧めることはないわけです。

そのためよほど肌の強さに自信がない限り、この期間の施術はどの部位であっても避けるべきです。

というのはこの期間はホルモンのバランスで肌が敏感になっているからです。

ただでさえ肌がデリケートなのにそこに光を照射することで、毛母細胞だけでなく肌自身もダメージを強く受ける可能性があるので控えた方がいいのです。

生理中はもちろん、体調不良の時も同じくやめた方がいいでしょう。

例えば風邪をひいた場合、咳や鼻水、高熱などばかりに注目がいって肌の調子まで気持ちが行かない方が多いでしょうが、これだけ調子が悪いのですから肌も敏感になっています。

咳が出るだけだから肌は大丈夫と思わずに、体調不良の時の施術は避けた方がいいでしょう。

当日キャンセルの場合の対応は?

どうしても予約当日にキャンセルしないといけない場合、銀座カラーではどういった対応なのでしょうか。

当日キャンセルの場合、施術1回分消化、月額制など回数制のコース以外は2千円のキャンセル料金が発生してしまうのです。

1回分消化ならいいかと思われるかもしれません。

でもちょっと考えてください。

全身脱毛のコースなどは総額を回数で割ってみればお分かりでしょうが、1回あたり1万円ほどになるはずです。

つまり1回分消化とは1万円の罰金に等しいわけなので、かなりのペナルティとなるわけです。

そう考えると銀座カラーのキャンセルに対する対応はかなり厳しいことになります。

予約当日にどうしても外せない予約が入ったとか、生理になってしまった場合は仕方ないですが、前日までにキャンセルがわかった場合は大丈夫です。

前日夜7時までの連絡で1回分消化やキャンセル料などのペナルティは発生しません。

キャンセルや変更などはわかって時点で連絡を入れるのが社会人としての常識ですし、前日夜7時まで連絡でペナルティはないのですから、急な予定が入ったら、前日の夜7時までに連絡を入れるといいでしょう。

1038


銀座カラープレミアムファストパス料金生理

銀座カラープレミアムファストパス料金生理